耐久性で選ぶ

男の子

背負いやすさを実際に確認

小学校に入学する前にランドセルを準備することになりますが、6年間使うことになるランドセルなので格安のものを選ぶようにはせずにしっかり吟味して選ぶようにしましょう。特に男の子は扱いが荒くなりがちなので、耐久性を中心にしてランドセル選びをするようにしましょう。安価なランドセルは軽量かもしれませんが、耐久性は劣っていることが多いです。男の子の扱いに耐えられずに数年で型崩れしてしまうことも多いのです。格安のランドセルでは3万円以下で購入することができますが、ボリュームラインの4万円台、または本革を使った6万円以上のランドセルを選ぶのが男の子の場合は必要です。作りがしっかりしたランドセルは、重量が重くなってしまいます。軽量化されたものとの差は約200g程度なので、それほど差がないと思いがちですが、小学校低学年の男の子ではたかが200gでも大人では1kg近くの差が体感的にあると言われています。しかし、体感重量は実際の重量だけでなく、背負いやすさでも変わってきます。体感重量を決めるのは型ベルトと背中のクッションの2つになるので、この2つの素材や形状を確認して、実際に背負ってみることをおすすめします。男の子が成長によって背負いにくくならないように成長によって調整がうまくできるものを選ぶようにしてください。デザインや色に関しては、男の子が選んでも問題ありませんが、キャラクターものは控えておいた方が無難です。