贈り物自体への名入れ

赤ちゃん用品

受ける側の使い勝手

子供を授かったときの喜びは各家庭で違うかもしれません。結婚して早々に予定通り妊娠して出産する家庭もあるでしょうし、なかなか妊娠しなくて少し苦労して出産したとき、不妊治療によって少ないチャンスをものにして妊娠、出産ができた家庭もあるでしょう。どんな過程を取ったとしても大事な家族には変わりありませんが、苦労すればそれなりに思い入れが強くなります。出産祝いのお返しとして贈る出産内祝いにも気持ちを込めすぎてしまうときがあります。出産内祝いを贈るとき、必ずしないといけないわけではないですが、子供の名前を何らかの形で伝えます。簡単なのは熨斗紙などに書く方法です。どんな商品を贈るにしてもそれなりに応用がききます。思い入れが強い出産内祝いとなると、贈るもの自体に名入れをしたいと考えるようになります。食器であったりタオルなどに名前を入れる時がありますが、もらった側がそれを使えるかです。祖父母などなら喜ばれるときもありますが、友人などだと少し困ります。出産内祝いで商品に名入れをする方法として、食べ物などに行う方法があります。カステラなどを贈るとき、その表面に名前を入れるなどです。食べ物は一定期間内に食べないといけませんから、使いづらさなどを気にする必要はありません。後に残るものではないので、贈られた側も困りません。名入れとなるとたくさん作った方がいいと作ってしまうときもありますが、残りやすいものではなく、食べ物などにするとよいかもしれません。気持ちも伝わります。